3Dローポリモデルの作り方


<人体基本モデル・腕の作り方>
まずは8角柱(円柱)を用意して、横向きにします。
基本モデリング図形は縦か横の位置(90度・180度)に固定して 形を整えていくのがバランスが取りやすく作業がしやすいと思います。
8角柱の8角形の面の部分は必要ないので削除します。
そして腕の長さを想定して伸ばします。方法は正面向きにして、端をループ選択して横移動するだけです。 長さは後からいくらでも調整できるので、だいたいでいいです。


下図のように垂直に切断して縦辺を追加します。 さらに下図のように各所をループ選択して、 だいたい腕っぽい形になるように拡大縮小で調整していきましょう。


仕上げとして、下図のように選択した部分を、少しだけ上移動します。